訪問入浴サービスで必要なことってあるの?

8hituyou介護分野で働くというと、
介護士の職場であり、
看護師の職場ではない。

と考えている人も多いですよね。

 

確かに看護師は医療分野で働くという意識は強く、
介護分野で働くという考えはあまりない人もいます。

でも、実際病院で働いていると、
介護士などのスタッフも一緒に働いていますよね。

 

それぞれの専門性によって、
仕事内容なども異なります。

実は、介護施設でも、
看護師の専門性が必要なシーンが沢山あります。

 

最近では介護分野で活躍する看護師の姿も、
とても多くなってきているんですよ。

そんな介護の仕事に、
訪問入浴サービスがあります。

 

実際に入浴サービスを行うのは
介護士の仕事になることが多くなります。

でも、入浴の可否の判断や、
入浴サービス中の健康管理や体調管理などは、
医療従事者である看護師の知識や技術が必要になることも多いんです。

 

バイタルチェックを行い、
入浴の可否を判断し、
基本的には入浴中の見守り、入浴後の簡単な医療処置を行う。

ということが看護師の仕事になってきます。

 

仕事をしている時間自体は短いものですし、
豊富な知識や技術が必要というよりは、
基本的な知識や技術でも仕事自体は可能です。

 

ただ、入浴中に体調が急変してしまった場合、
その可能性があるのかどうか。

といった判断を下すには、
ある程度の臨床経験や看護師としてのカンなども
必要になりますよね。

 

資格を持っていれば誰でも可能な仕事ではありますが、
やはりある程度の臨床経験や技術力なども必要になってきますよね。

Posted in スキル・資格・条件 | Tagged , | コメントは受け付けていません。

訪問入浴が厚待遇なわけって?

7taiguu都市部に勤務している看護師の中には、
看護師不足がなかなか認識できていない。
という方もいます。

実際に地方部に行くと、
看護師不足はかなり深刻です。

 

この状態というのは、医療現場だけではなく、
実は介護現場でも深刻な状況になっているんです。

今は介護現場でも、看護師の需要が高く、
求人自体もとても多いんです。

 

中でも注目されているのが、
訪問入浴サービスの仕事です。

 

利用者の方が入浴をしても問題がないのかを判断し、
さらに入浴前後の体調管理などを行う。

というのが看護師の主な仕事内よになりますが、
サービス提供時に利用者さんが体調を急変させてしまう可能性もあります。

 

このような場合には、
看護師としての知識をフル活用させて仕事にあたる。
という必要性もある仕事になってきますよ。

 

介護分野の仕事である訪問入浴サービスですが、
看護師が転職するときにはいろいろなメリットがあるんです。

まずは、看護師不足という背景から、
かなりの厚待遇での勤務が可能ということがあげられます。

 

看護師は比較的就職する人が
就職する場所をある程度条件を付けて選ぶことが出来る職業です。

待遇が悪いというところには就職したい。
という人は少ないですよね。

 

ましては、医療現場ではなく介護現場ですので、
看護師としても、本当に看護師が必要なのか?
働くメリットがあるのか?ということを気にします。

病院に勤務している方が収入が良く、
働く内容も充実していれば、
介護を選ぶという看護師が少なくなりますよね。

 

そのため、短時間勤務が多い訪問入浴サービスの仕事でも、
待遇を良くして給料をなるべく多く支給することで、
人材を確保したいという都合があるため、
看護師は厚待遇で採用されることが多いんですよ。

Posted in スキル・資格・条件 | Tagged , | コメントは受け付けていません。

思っているよりも大変な訪問入浴サービスの仕事

6taihen訪問入浴サービスも、
看護師が働く職場として最近では人気があります。

 

複雑な看護技術や知識が不要で、
子育て中の看護師や、今現在休職中といった潜在看護師の場合でも、
働きやすい仕事。

として人気になっていますが、
実は簡単に始められる、楽な仕事。
という訳ではありません。

 

基本的には入浴機材などの搬入や、
実際に入浴介助を行う仕事というのは、
同行するオペレーターや介護士の仕事になりますが、
その場にいる看護師は何もしないでいるという訳にはいきませんよね。

入浴をするために着衣を脱がすのを補助したり、
入浴時に身体を支えるということだって行う可能性はあります。

 

入浴サービスということもあり、
基本的には蒸し暑い状況下での仕事ですから、
体力なども使いますよね。

浴槽なども比較的低い位置なので、
中腰の姿勢での仕事なども実は多くあるんですよ。

 

訪問入浴サービスは、
介護保険制度などによって支えられています。

利用する方も、要介護4や5と言った、
介護度が高いかたも多くいます。

 

医療器具の装着をしている方もいますので、
ちょっとしたことでも体調を急変させてしまう
利用者の方も実際にいらっしゃいます。

このような時には、
看護師としての知識や技術をフル活用する必要性も出てきますよね。

 

在宅で介護を受けている方は、
個々によっても状況が違います、
臨機応変に対処していくという必要もあります。

看護師としての基礎知識をしっかりと身に着け、
そこからさらに必要な技術や知識を身に着ける必要がありますよね。

Posted in スキル・資格・条件 | Tagged , | コメントは受け付けていません。

介護の現場で働く看護師の職場の一つ

5hitotu看護師の仕事といえば、
やはり思い浮かべることが出来るのは、
医療現場での活躍です。

患者さんと医師との間に立ち、
時には橋渡し役として立ち回ることもあります。

 

また、医療従事者として患者さんのケアにもあたります。
役割としては大きなもので、
時にそれが大きな負担にもなります。

 

高齢者社会を迎え、
病棟にも多くの高齢者が入院してきていますよね。

医療の現場では、入院加療の必要がなくなれば、
高齢者の方は退院し、
在宅で介護などを受けるという方も多くいます。

 

でも、介護の現場でも、
実は医療従事者としての知識や技術が必要。
という場面は多くみられるんですよ。

 

そんな介護の現場も仕事の一つが、
訪問入浴サービスで、この訪問入浴サービスも、
看護師が必要な仕事になっているんです。

訪問入浴サービスの場合、
看護師は利用者の方の入浴の可否判断を行うことが仕事になります。

 

体調などによっては、
入浴することで大変身体に負担をかけてしまう事がありますよね。

不慮の事故などから利用者を守るためにも、
やはり看護師の専門知識というのは役立ちます。

 

ただ、訪問入浴の仕事は
利用者一人当たりに必要になる時間は長くはありません。

そのため、
少ない時間でアルバイト感覚で働くことが出来る職場でもあります。

 

自分が好きな時間帯だけ、好きなだけ働くことが出来る。
というのもうれしいですよね。

子育て中の看護師や、休職中の看護師でも、
安心して始めることが出来る仕事ですよ。

Posted in スキル・資格・条件 | Tagged , | コメントは受け付けていません。

看護師としての専門性も活かせる訪問入浴サービスとは?

4senmon最近では多種多様な働き方が出てきています。

正社員、パートやアルバイト、
契約社員に派遣社員。

看護師として働いていると、
あまりなじみのない働き方もありますよね。

 

やはり病院の病棟などで働いていると、
働き方を選ぶということはあまりできないことが多くなります。

日勤と夜勤を不規則に繰り返す仕事は、
やはり大変ですよね。

 

でも、最近では短期間の勤務、
さまざまな働き方の看護師の求人。
というものが出てきています。

そのような求人の一つに、
訪問入浴サービスというものがあるんです。

 

訪問入浴サービスは介護系の仕事の中でも、
専門知識を活かした仕事が出来る。
という事でも人気ですし、働きやすい仕事としても人気なんです。

訪問入浴サービスで看護師が担う仕事というのは、
利用者の方の入浴前後の体調管理や健康管理になります。

 

入浴介助自体は介護士が行うことが多くなりますが、
入浴ができる状態なのかという可否判断は看護師が行いますし、
入浴中に体調異変などがあった場合の対処などの看護師が行います。

専門的な知識は十分に活かせる仕事になりますよね。

 

ただ、複雑な看護技術や知識が不要なので、
看護職を離れていた休職中の看護師でも
はじめやすいというメリットがあります。

午前中だけ勤務したい。
午後だけ勤務したいといったような
短時間勤務も可能ですよ。

Posted in スキル・資格・条件 | Tagged , | コメントは受け付けていません。

訪問入浴サービスってどんな内容?

3naiyou医療分野での活躍が多い看護師の仕事ですが、
最近では介護の分野で活躍する。
という看護師の姿も見られるようになってきました。

高齢化社会を迎え、
介護サービスを利用する方はとても多くなってきています。

 

介護サービス自体も、
実にいろいろなものが出てきていますよね。

訪問入浴はそのような介護サービスの一つで、
利用者の自宅に入浴に必要な機材を搬入して、
入浴サービスを提供するのがその内容になっています。

 

入浴というのは、娯楽として楽しむだけではなく、
実は利用者の方の健康状態をチェックして記録する。
といった重要な役割もあります。

 

この健康管理を行う上で、
看護師が必要になる。

ということもあり、
訪問入浴の利用者が増加することを考えた場合に、
看護師の求人はますます増えていっています。

 

訪問入浴サービスで働く看護師の勤務形態というのは、
実はいろいろなものがあります。

正社員として働くことも多いのですが、
パートやるばいととして働いている。
という人も実は多くいます。

 

自分が働ける勤務形態、
ライフスタイルに合わせた勤務形態などが選べる。
というのはかなり嬉しいですよね。

実際に入浴サービスは決まった時間で行われ、
利用者一人当たりにかかる時間自体は短い事も多くなります。

 

残業なども少なく、
子育て中のママナースでも安心して仕事が出来る。
と言われていますよね。

Posted in スキル・資格・条件 | Tagged , | コメントは受け付けていません。

気軽にできる介護の仕事の一つが訪問入浴

2kigatu介護サービスの一つに訪問入浴の仕事があります。

利用者さんの自宅に直接訪問をして、
入浴に必要な機材を持ち込み、
入浴サービスを実施するというのがその内容です。

 

入用の機材の運搬や設置、
それに入浴サービスなどは
介護士やオペレーターが行います。

看護師が行う仕事としては、
入浴の可否判断や健康管理、
決められた範囲の医療処置と言ったものになります。

 

多くは看護師、介護士、オペレーターという
3人一組で仕事をすることが多くなりますので、
看護師の求人も多いのがこの訪問入浴です。

正社員としての雇用だけではなく、
パートやアルバイトといった
短期間や短時間の雇用も数多くみられますよ。

 

空いた時間に仕事をしたいという方でも可能な仕事として、
人気が出てきています。
WワークOKという職場もあるんですよ。

 

給料については、時間だけではなく、
訪問する件数も考慮されます。

そのため、件数をこなせば
それだけ給料があがるという仕組みがあるところも多いので、
モチベーションも高く持てそうな仕事になりますよね。

 

看護師の求人募集の場合には、
ある程度の年齢制限や、経験者優遇といったものがみられますが、
訪問入浴の仕事の場合には、ハードルが低いことが多くなります。

ある程度の臨床での経験や知識があること、
そして介護に関して抵抗がないこと。
といったことが条件になってきます。

 

ただ、年齢の点では若い方~中年程度の方が
働きやすい仕事になります。
ある程度体力も必要にはなりますよ。

Posted in スキル・資格・条件 | Tagged , | コメントは受け付けていません。

介護の仕事の一つ、それが訪問入浴

1kaigo看護師の職場として、
最近では介護関連の仕事というのも
実は人気です。

 

介護関連と一言でいっても、
施設で働く仕事、在宅で働く仕事、
そして利用者の自宅に訪問をする仕事。

などいろいろあります。

 

それぞれメリットとデメリットがありますので、
よく検討しながら就職先を考えるといいですよね。

訪問をする仕事の一つに、
訪問入浴の仕事があります。

 

訪問入浴の仕事は、正社員として働いたり、パートやアルバイトとして働く、
それに派遣社員として働くなど、とても多くの働くスタイルがあるということで、
自由なスタイルで働くことが出来る職場として、人気になっているんです。

 

訪問入浴の仕事の場合、短期であれば複数の現場を掛け持ちすることも可能になりますし、幅広い件数をこなすことが出来るというメリットがあります。

件数をこなせば、
それだけ収入も増えますよね。

 

訪問入浴の仕事は、臨床経験がある程度あること、
それに介護に関する仕事なので、
この点に抵抗感がない方であれが勤務が可能です。

ただ、体力を使う仕事にはなってきますので、
ある程度年齢制限があることがあります。

 

高齢の看護師が、定年後の再就職先として訪問入浴の仕事をする。
というのは難しい場合もありますよ。

逆に、若いころにアルバイトとして仕事をすることができますので、
Wワークをしたいという人にも向いています。

Posted in スキル・資格・条件 | Tagged , | コメントは受け付けていません。

訪問入浴 看護に必要なスキル・知識

訪問入浴にスキルは必要?

fhsjdh
 

よく聞く話に、
訪問入浴の看護師ってあまりスキルいらないよね。
というものがあります。

スキルがいらない・・・・
どうしてそんな風に言われるのでしょうか。

 

実は訪問入浴では、看護師が医療行為を
行うということがほとんど制限をされているために
”やってはいけない”事が多いんです。

これも訪問入浴を実施している
運営母体の考え方次第ではあるんですが、
多くのケースでは

 

・入浴前のバイタルチェックと観察
・入浴中の観察と介助
・入浴後の観察と記録

というのが看護師の主な仕事です。

 

訪問入浴は医療ではなく福祉である

 

看護師としの免許もあるし、
今まで病棟勤務で看護技術にも自信がある。
大体看護師として出来る医療行為はできる。

そんな看護師にとって、医療行為が出来ない。
ということは驚きかもしれません。

 

でも、訪問入浴では医師が同行するわけではなく
看護師は医師の指示がなければ
医療行為は基本としてできませんよね。

そのため、いくらスキルがあっても
看護師が単独で医療行為をすることは
できない
というのが今現在の考え方なんです。

 

訪問入浴は医療ではなく福祉なので、
この点はちょっと気を付ける必要があるんです。

中には看護師がいても何もしてくれないんだったら
いる必要がないんじゃない?
という利用者さんもいます。

 

このような利用者さんにも分かりやすく
どうして医療行為をすることが出来ないのかを
説明することも必要
ですよね。

 

ではスキルはいらいない?

jiejiursd
 

決していスキルはいらないということはありません。
有ればよいスキルというものは沢山あります。

例えば訪問入浴を利用している方で多い
呼吸器疾患を持っている方の介助をする際、
慢性呼吸器疾患看護の認定看護師資格は有用です。

 

認知症を患っている高齢者の方の入浴を
介助するときには
認知症看護の認定看護師資格などは有用です。

つまり、知識は持っているけど使わない。
このような状態に耐えうることも必要なんです。

 

訪問入浴中に万が一のことがあった場合、
看護師として的確な処置をすることができる。
これは非常に重要ですよね。

 

一番のポイントは笑顔とコミュニケーション

 

訪問入浴を利用している方の中には
この訪問入浴の時以外あまり他者と話をする
機会もない。

というような利用者の方もいます。

 

このうよな方とも笑顔でコミュニケーションを図る
ということは訪問入浴の看護師では大変必要な
スキルの一つと言えますよね。

なかなか自分の思い通りに入浴をすることが出来ない
というのは利用者の中には不自由に思っている
方もいます。

 

かたくなと言えるくらい話をしてくれない。
という利用者の方もいます。

そのような方に対しても、
笑顔で対応をすることが出来る。
このような「スキル」も重要になってきますよね。

 

「なんだかんだ言っても、あの看護師さんはいいね」
そんな風に言われるような看護師が
訪問入浴では必要です。

Posted in スキル・資格・条件 | Tagged | コメントは受け付けていません。